高級賃貸マンションに住むというステータス

高級賃貸マンション暮らしとは?

私のような庶民にはよくわからない感覚であるが、世の中には月々に何十万、いや百万もするような賃貸マンションに住んでいる人がいる。
いわゆる高級賃貸マンションである。
私の感覚で言うと、賃貸マンションは将来的には資産として残らないのに、なぜそんな高額な賃料を支払うのかと思ってしまう。
もちろんそのような金額を払える甲斐性は私にはないので、そのような気持ちはわかるわけもないのであるが、一体どのような心境なのであろうか。

高価な賃貸暮らしのメリットを考えてみる

メリットとしては住み替えが簡単にできる。マンション内の設備に故障などが出た場合にすぐに対応してもらえる。このようなことが考えられる。
しかしながら、自分の資産にならない。永遠と賃料を払っていかなければ住み続けることはできない。今の時代超低金利で住宅ローンが組める時代だ。それだけの賃料が払えるのであれば、もっと条件のいい住宅を低額のローン返済で資産として保有できるであろう。
近年では行政の勧めもあり、税金控除などもある。住宅が持ちやすい時代になったものである。だからこそ住宅を持つチャンスでもあると思う。

リスクを軽減しながら快適な生活を送るというメリット

しかしながら、これこそ庶民の考え方なのであろう。
高級賃貸マンションにするような高所得者こそ、人生の一瞬一瞬が目まぐるしく変化しており、私が考えるような保守的な安定的な生活は望んでいないのであろう。
コツコツを35年間毎月住宅ローンを払うような人生は彼らには似合わないのである。
次々と最新の設備やサービスが整った高級賃貸マンションに移り住むことこそがステータスであり、その人のまぶしく輝かしい人生そのものなのであろう。
羨ましい気持ちもあるが、やはり私にはそのような生活は合わないし、生きた心地がしないように思う。