地方における薬剤師求人の現状について

薬剤師ってどんな職業か知っていますか?

薬剤師は薬剤師についての国家資格を合格することにより、薬学に関する専門性を有しており、その専門的知識に基づいて薬剤を調合して、患者に対して処方することを主たる業務とする者を言います。
薬剤師は薬害に関する高度な知識が要求されていることから、その人間は高度な専門性を有しています。
そのため、そのあるべき待遇も優遇されるべき性質を有しています。
しかし、現実としては薬剤師増員による一時的な薬剤師過剰の状態からその待遇面において厚遇されているとはいえない状況になりつつあります。そのため、一時的に薬剤師に対する条件も悪化することが予想されます。

地方での薬剤師の求人状況は好調

もっとも、薬剤師増員に基づく都会病院における薬剤師の過多の問題は、今後定年を迎えるべき薬剤師が定年により退職することによって解決されることが期待されており、これに基づく条件の悪化も一時的なものに過ぎません。
また、地方の病院などでは、薬剤師の都会集中を原因として薬剤師不足が叫ばれているという状況に鑑みれば、薬剤師の待遇面については時間の経過とともに解決されることが予測されます。

インターネットによる求人検索が増えています

また、最近インターネットによる薬剤師の転職サイトが設立され始め、以前まで医師の紹介や僅かな公募による求人に頼る以外に転職の機会に恵まれて来なかった薬剤師も、薬剤師求人に触れる機会が増加したことに伴い、転職がしやすい状況となって来ました。
そのため、病院も優秀な薬剤師の病院外への流出を避けるために、薬剤師の待遇も悪化させないように交渉に応じることが予想されます。
そのため、現在置かれている薬剤師の状況も内実共に一時的であるということができます。
したがって、薬剤師は比較的優遇されている職業であるということができます。